生命保険や医療保険などまとめて見直ししました

今まで、保険関係に疎く、今まで親の知り合いに勧められた保険に入っていました。生命保険と医療保険がくっついたタイプの保険で大手の保険会社のプランでした。

年齢的にそろそろ見直しをしないといけないなと思っていたので、初めはその保険会社で見直しをしました。ですが、料金と保障を比べるとしっくりいきません。個人年金も興味があったので説明してもらうとこちらは結構自分に合う内容でした。ただ、目的は現在加入している保険の見直しについてですので、個人年金は一旦保留としました。

悩んだあげく、色々な保険会社のプランを扱っている保険見直しサービスを利用してみることにしました。ネットで申し込んではみたものの、実は色々勧められてしまうのではないかと
心配していたのです。

予約をして今の希望を伝えると、様々な保険会社のプランを説明してくれました。メリット・デメリットなども分かりやすく説明してくれ、決して押し売りはありませんでした。1度では頭の整理がつきませんので家に持ち帰り、何度かお店に足を運びました。

結果、生命保険と医療保険は分けて契約し、追加で介護保険も加入しました。この歳で介護?といった感じですが、もし交通事故で歩けなくなったら家族に迷惑をかけてしまいます。小額でも保険があれば少しでも役に立つと考えたのです。もちろん交通事故や怪我が無いことに越したことはないのですが。。

個人年金についても何社か説明していただいたのですが、支払う保険料が増えましたのでとりあえずは保留のまま終りました。ただ、節税目的も考えて早めに個人年金は進めたいと思っています。

ちなみに解約した大手の保険の返戻金は雀の涙しかありませんでした。京都で保険見直し、早く見直してよかったです。

ずっと悩んでいた包茎から解放された

私は、気づいた時には包茎で、高校生ぐらいから気になっていました。
やはり誰にも相談できないということで、大学生になってからも女性関係があっても自信を持てずにいました。
そうなりますと、コンプレックスになるのは早く、なかなかそういった行為になること自体から避けるようになってしまっていました。

きっかけになったのは、雑誌の広告です。
包茎手術を行うことで、悩みを解決できたという体験談を目にして、それを自分のこととあてはめてみたときに、包茎手術を受けるしかない!と思いました。で、そこからネットでいろいろと情報収集して、包茎手術 仙台のクリニックを選びました。

最初は専門クリニックを受診するところからですが、やっぱり緊張しました。
でも、医師はとても慣れていますので、ごくごく普通の対応で簡単な手術でできるということで行程なども説明してもらいました。
説明がとても丁寧でしたので、安心して包茎手術に臨むことができました。

包茎手術中はもちろん麻酔を使いますので痛みはありませんし、術後もキズのところは若干痛みましたが、痛みどめを処方されましたので、それを飲めば大丈夫でした
見た目的にもかなり改善されていて、治療の効果はすぐにわかりました。
真正包茎ですと、泌尿器科で保険の適用となる手術を受けることができるのですが、やはり後々のことを考えて見た目も納得できるように皮をきちんと切ってもらうという手術をしたので、保険は適用となりませんでしたが、とても満足しています。

手術後は、自分に自信が持てるようになりましたし、包茎手術をして良かったと思っています。

ツアーで正解!ぐんと楽しめた尾瀬旅行

尾瀬は電車を乗り継いで行くより、バススツアーが便利と友人から聞いて尾瀬のツアーに参加しました。
旅行の荷物はどうしてもかさばるので、乗り換えなしで行けるというのは、なるほど楽でした。バスに乗ってしまえば、あとは自分の座席で目的地までのんびりできるのも良いです。
ミズバショウのシーズンは終わっていたので空いてるかと思いきや、バスターミナルにはかなりの人がいて、さすが人気の観光地と実感しました。
鳩待峠から木道のある尾瀬ヶ原の湿原までのハイキングは、日ごろ運動不足の身にはけっこうキツかったですが、バスでのんびりできていたぶん、頑張ることができました。湿原の木道は、平日でもたくさんの人が歩いていましたが、静かに散策を楽しんでいる人ばかりで、自然の風景を満喫できました。ミズバショウは大きな葉しか見られませんでしたが、ワタスゲの渋い風情が楽しめました。
実物を見る日を夢見ていた、湿原に自然に生えているモウセンゴケは、想像していたものよりずっと小さかったですが、食虫植物とは思えない、繊細で上品な感じに感動でした。
至仏山の形がとてもきれいで、登ってみたい気持ちになりましたが、見た目より登山が大変とガイドさんたちがお話しているのを聞き、あきらめムードとなりました。でも、体力増強してからまた訪れたいと思いました。
木道散策と、バスターミナルに戻るルートで体力を使い果たし、帰りのバスでは爆睡となりましたが、それもバスツアーの気楽さのおかげで、ゆっくり眠れるのが本当にありがたかったです。遠からぬ日、また参加したいです。

1日5食くらい

私は平気で1日5食くらい食べます。はっきりいって食べ過ぎなのですが、なぜかそれほど太っているわけではありません。もちろん、五食すべてが、ガッツリ食べるわけではなく、

ちょこっと食べるときもあります。

でも、ごはんは大好きです。お米自体がすきなので、おかずよりも、ご飯を食べるのが、好きなのです。だから、めんるいを食べても、ついライスをいっしょに食べてしまいます。よく言われる炭水化物に炭水化物というセットをよくやっています。(^O^)

 

けど大丈夫ですよ。肥満体ではないですから。